« 検定への旅 | トップページ | 研修医の労働実態 »

2007年4月17日 (火)

侘びの世界への旅

 「侘び」、日本人の美意識を表すこの言葉は茶道でもよく用いられます。そのもてなしの空間である茶室は、古来多くの茶人・大名が建築してきました。その中でも有名なのが、国宝如庵。織田信長の実弟、有楽斎が京都建仁寺の塔頭に建て、現在は愛知県犬山市の名鉄犬山ホテル、有楽苑に移築されています。
 4畳半という狭いながらも巧みに配置された空間で、戦乱の世において主人と客人は安らぎの一服をいただいたことでしょう。この時空こそ、一期一会!ちなみに英語圏の外人さんには「NOW & HERE」と解説を。

 近くの観光スポットには、国宝犬山城、明治村、リトルワールド、成田山、桃太郎神社などがあります。

国宝三名席
・有楽苑 如庵 ・妙喜庵 待庵 ・龍光院 密庵

茶道三宗匠
・千利休 ・古田織部 ・小堀遠州

国宝四城(天守現存)
・松本城 ・犬山城 ・彦根城 ・姫路城

日本三名城
・名古屋城 ・大阪城 ・熊本城

その他の話題
・東国原知事 記者クラブと対立
・中国でパンダの健診
・メジャー城島 裏首位打者!?
・早大 清水選手の専大北上高 高野連除名?
・長崎市長 撃たれ重体
・バージニア工科大で銃乱射 32人死亡
・爆笑田中さん 皐月賞で800万も赤字?

|

« 検定への旅 | トップページ | 研修医の労働実態 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/6111465

この記事へのトラックバック一覧です: 侘びの世界への旅:

« 検定への旅 | トップページ | 研修医の労働実態 »