« 知事選幕開け | トップページ | 六本木 東京ミッドタウン プレオープン! »

2007年3月24日 (土)

薬は人を傷つけるもの?

 昨日、薬剤肝炎の裁判(詳細は下記の記事を参照)が行われました。薬は人を治すための物なのに、人を傷つけ、争いの火種になってしまいとても残念ですね。やっぱりお金が絡んでいると争いが絶えませんね・・・

 タミフルも早く、正しい評価がされることを祈ります。

その他の話題
・向井亜紀さん 出生届不受理確定
・「あるある」で捏造放送16回!
・不二家 販売再開。
・プロ野球 パリーグ開幕!
・東京国際アニメフェア開催。

<薬害肝炎訴訟>


3月23日20時18分配信 毎日新聞

 出産時などに止血剤として投与された2種類の血液製剤でC型肝炎に感染したとして、患者21人(うち2人死亡)が国と製薬企業3社に約13億5000万円の賠償を求めた薬害肝炎訴訟で、東京地裁は23日、21人中13人について約2億6000万円(1人2200万~1320万円)の支払いを命じた。永野厚郎裁判長は、2種のうち第9因子製剤(クリスマシン、PPSB―ニチヤク)を巡り「重篤な副作用の情報を医療現場に警告する義務を怠った」と初めて製造2社の賠償責任を認めた。
 5地裁に起こされた訴訟で3件目の判決。2種のもう一つのフィブリノゲン製剤については、大阪、福岡両地裁判決に続き国の過失も認め、企業と共に賠償を命じた。救済範囲は異なるが、三たび違法性を指摘された国は対応を迫られる。
 賠償命令を受けた企業は、第9因子製剤の三菱ウェルファーマ(旧ミドリ十字)と日本製薬▽フィブリノゲンの三菱と子会社ベネシス。
 判決は、肝炎感染という副作用を専門家が把握した時期以降も、現場で製剤が使われ続けたと認定。この状況を企業や国は知り得たのに「安易に使わないように添付文書などで指示・警告せず、肝炎感染を拡大させた」と賠償責任を認めた。
 責任が生じた時期は副作用の研究の進み具合などから第9因子製剤では84年1月以降としたものの、国については「製剤の再評価中だった」と免責。フィブリノゲンでは大阪地裁と同様に85年8月以降と判断した。ただ国の責任は「その後、緊急安全性情報は出した」などとして87年4月~88年6月の期間に限った。この結果、第9製剤の感染者6人中2人、フィブリノゲンの感染者15人中11人への賠償を命じた。【高倉友彰】

|

« 知事選幕開け | トップページ | 六本木 東京ミッドタウン プレオープン! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/5793933

この記事へのトラックバック一覧です: 薬は人を傷つけるもの?:

« 知事選幕開け | トップページ | 六本木 東京ミッドタウン プレオープン! »