« 京都検定 東京検定 世界遺産検定 | トップページ | フジテレビ お台場冒険王 有名人の集まるカフェ »

2006年7月17日 (月)

Ogino オギノ式 避妊法 キリスト教

 今回は世界のオギノ先生を紹介します。

 現在、「オギノ式」と呼ばれる「受胎法」を研究した産婦人科医、荻野久作先生は1882(明治15)年、三河(現:愛知県)に生まれ、1909年東京帝大を卒業、3年後、新潟市の竹山病院に就職しました。

 診療では、なかなか子供ができない人や毎年できて困っている人が妊娠について相談にくるため、排卵と月経のメカニズムを研究しました。それまで欧州の医学界では「女性の排卵は月経開始から2週間目におこる」という学説が信じられていましたが、日本女性ではこの定説を当てはめることは難しかったようです。研究によって「女性の排卵は次回月経が始まる12日前から16日前の5日間におこる」という新説を唱えます。
 しかーし、地方の一医師が発表してもなかなか中央のお偉方には認められないので、荻野先生は医療先進国ドイツに渡ることを決意し(あてもないのに・・・)、多くの産婦人科医に自説をプレゼン。そして、とうとう論文発表ができました。
 この「オギノ式」、実は「受胎法」だったのですが「避妊法」として名をはせます。彼の発見を応用し産婦人科医が広めたものが、いわゆる「オギノ式避妊法」です。キリスト教では人工中絶や器具を用いる避妊を否定していますが、「オギノ式」だけは認めたのです。

 荻野先生はその後、多くの大学から教授にと声がかかりますが断り、町のお医者さんとして90歳まで診療に携わりました。また、奥様のトメさんは、先生の研究に協力したことから、姑から好色な嫁と誤解されたいへんだったようです。

 世界に認められてすごい!その後、日本で認められるとは・・・。日本のお偉方がもっとバックアップしてあげればいいのにね。また、このころは男尊女卑の世の中で、跡継ぎのできないお嫁さんは実家に帰されたそうです。今はずいぶん女性が強くなったなー。

|

« 京都検定 東京検定 世界遺産検定 | トップページ | フジテレビ お台場冒険王 有名人の集まるカフェ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/2638367

この記事へのトラックバック一覧です: Ogino オギノ式 避妊法 キリスト教:

« 京都検定 東京検定 世界遺産検定 | トップページ | フジテレビ お台場冒険王 有名人の集まるカフェ »