« タモリ googleに潜入! | トップページ | ニセ医者? ニセニセ医者? »

2006年7月29日 (土)

王監督の執刀医 読売オンライン AERA

 王監督、退院間近のようですね。十分な休養をとっての復帰を期待しております。

 今回の報道で、ますます腹腔鏡手術は普及するでしょうのね。王監督の執刀医は、藤田保健衛生大(愛知県豊明市)消化器外科の宇山一朗先生(45)だったとは・・・
 北島先生が監督で、宇山先生がエースとして登板といったところでしょうか?

 胆嚢、腎臓、前立腺や胃など腹腔鏡手術の適応はずいぶん増えましたが、胃の全摘術は難易度も高く、日本人では10名ぐらいしかできる先生はいないとか?王監督の場合、100個以上のリンパ節も切除し、かなり根気のいる手術だなぁ。

 しかし、人間ドックを年に2回受けていても、5cmの胃ガンとは・・・

[解説]普及する腹腔鏡手術

開腹せず、少ない負担 医師の高い技術必要

 プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの王貞治監督(66)が、胃がんのため、腹腔(ふくくう)鏡手術で胃をすべて摘出した。どんな手術だろうか。(医療情報部 山口博弥)
 おなかを切り開いて胃を切除し、周辺のリンパ節を取り除く――。これが胃がんの標準的な手術方法だ。
 しかし、診断技術の進歩で早期胃がんの発見が増えたのに伴い、体への負担が少ない治療法が広がってきた。腹腔鏡手術(腹腔鏡下胃切除術)もその一つだ。
 手術が行われた慶応大病院の18日の記者会見によると、王監督のがんは早期がんだった。胃の粘膜にとどまるがんなら、口から入れた胃内視鏡で切除できる場合があるが、王監督の場合は、胃粘膜の下の粘膜下層に進んでいたため、この手法は取れなかった。
 腹腔鏡手術は17日に行われ、胃全体を切除し、周囲のリンパ節も取り除いた。
 腹腔鏡手術は、腹部に開けた小さな穴に小型カメラを入れ、拡大映像をモニター画面で見ながら、別の穴から入れた超音波メスや鉗子(かんし)などの手術器具を駆使し、胃やリンパ節を切除する。通常の開腹手術では、腹部をみぞおちからへその辺りまで20~30センチほど切り開く大掛かりなものになるのに対し、腹腔鏡手術なら小さな傷ですみ、回復が比較的早い。具体的には5、6か所で1・5センチほどを切るほか、胃を外に出して切除するための4~5センチを切る。
 腹腔鏡手術は、わが国では1990年に胆石症の胆のう摘出手術で初めて実施され、翌91年に胃がんで行われた。今では大腸がんや前立腺がん、腎臓がんなど様々な臓器のがんにまで普及している。
 長所は、回復が早く入院期間が短くなるほか、傷跡が目立たない、手術後の腸閉塞(へいそく)が起こりにくい、といった点が挙げられる。多くの場合、王監督のような早期がんを対象に行われるが、一部の医療機関では、進行がんに対しても実施されている。
 京都府の岩城清一さん(63)は、一昨年10月、早期胃がんが見つかり、藤田保健衛生大(愛知県豊明市)消化器外科の宇山一朗教授の執刀で腹腔鏡手術を受け、胃を全摘した。手術の翌朝には歩いてトイレに行き、約2週間で退院。退院1週間後には趣味の卓球を再開し、1か月後には酒も飲んだ。「こんなに早く元気になれるのか」と驚いたという。宇山教授は400例以上の実績を持ち、今回、勤務した経験のある慶応大へ出張して王監督を執刀した。王監督も、手術の翌朝には病室を何度も歩くまでに回復した。
 しかし、欠点もある。〈1〉医師の技術の習得が難しい〈2〉手術時間が長めになる――ことだ。特に技術については、立体感のないモニター映像を頼りに、角度や動きに制限がある手術器具を適切に操作しなければならない。このため、経験が浅いと切断や縫合がうまく行かず、血管や神経を大きく傷つけることもある。

 死亡事故の例も

 東京慈恵医大青戸病院(東京都葛飾区)の事故は、その典型だ。2002年、泌尿器科医師3人が、前立腺がんの患者に腹腔鏡手術を行った。経験や知識がないのにもかかわらず、指導医は不在で、患者は大量に出血し、死亡した。先月、3医師に有罪判決が言い渡された。
 青戸病院の事故などを受け、日本内視鏡外科学会は、医師の技術の向上を図るため、腹腔鏡手術の技術認定審査を始めた。胃や大腸の切除で20件以上の経験を求めているが、有力な医師は「一人前になるには100件以上の経験が必要」と話す。
 しかし、読売新聞社が5月に行った全国調査では、胃がんの腹腔鏡手術を実施している施設のうち、年間10件に満たない施設が6割を超えた。
 開腹手術に比べて歴史が浅いため、日本胃癌(がん)学会の治療指針でも、早期胃がんについて治療成績などのデータを集める重要な「研究例」として行うよう勧めている。
 体への負担が少ない腹腔鏡手術は、患者の生活の質の向上につながり、特に高齢者にとっては有意義な手術法といえる。しかし施設による技術の差が大きい“発展途上の治療法”でもある。手術を受ける場合は経験の豊富な医療機関を選ぶことが必要になる。
(2006年7月19日  読売新聞)

 

|

« タモリ googleに潜入! | トップページ | ニセ医者? ニセニセ医者? »

コメント

 Takaさん、ご来訪ありがとうございます。
 宇山先生は記者会見で全く紹介されませんでした。たぶん謙虚で、腕のいい先生なんでしょうね。
 私は、健康・医療ネタを結構書いています。これからも遊びにいらしてくださいね。
 では、くれぐれもお体、お大事に・・・。

投稿: >Takaさん | 2006年9月28日 (木) 00時37分

私は10年位前に藤田衛生大学病院で食道アカラシアという病気でご飯が食べられず3ヶ月内科に入院、内科の某教授は手術はやらないといって放っとかれ、最大20kg減って48kgまでいき将来に不安を感じ生きる気力もだんだん失いかけていました。
 
 そんな時、若手の先生が色々頑張って慶応グループの当時の宇山講師を紹介していただき、当時でも『関東で4,5人の同じ病気の方を治した実績もあるから任せて下さい。』と言われ全てを任せました。

 手術が終り、退院するまでの2週間、オペがある日でもほぼ毎日見に来ていただき、不安な気持ちも取り除いていただき本当に素晴らしい方と感心しました。

 やはり、腕も良く、人間性も素晴らしい方でしたので当然の事でしょうが教授になられたんですね。

 これからも、どんどん若い方を指導していただきこれからも医学を究めていって多くの命をお助け下さい。

 今は本当に普通の生活で過ごさせていただいております。
 ありがとうございました。

 

投稿: taka | 2006年9月27日 (水) 22時21分

 先生、たびたびご来訪ありがとうございます。
 ドックのときに胃カメラかバリウム検査をされているのではないのでしょうか?
 ドックの項目は施設によって違うでしょうが、普通はどちらかが入っていると思います。

投稿: >Dr.Iさん | 2006年7月30日 (日) 09時07分

PETっていうのは、ブドウ糖を検出する機械だから。
糖等を吸収する胃とかは苦手なんですよ。

胃カメラもそのくらいの頻度でやっていたら、もう少し早く見つかったとは思うんですが。
なかなかそこまでは、難しいですからねー。

投稿: Dr. I | 2006年7月29日 (土) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/2806042

この記事へのトラックバック一覧です: 王監督の執刀医 読売オンライン AERA:

» 神の手を持つ名医・加納宣康先生 [大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】]
ブログ管理人は1989年12月医療法人蘇西更生会・松波総合病院で加納宣康先生の執刀で直腸がん手術を受けました。優しい先生で頼りなく思ったほどです。(先生ご免なさい)私の病状は既に末期症状でした。私以外は、万一の宣告を受けていたと後日聞きました。加納宣康先生が主治医として本当に良くしていただけました。加納宣康先生が帝京大学に転勤される前の1991年、東海地方で始めての腹腔鏡下外科手術を松波総合病院でされました。諸々の関係で、関東地方に職住を移されてからも加納宣康先生に「腹腔鏡下...... [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 20時17分

» 胃ガンとは [病気や症状の豆知識]
胃の粘膜に悪性腫瘍ができることを胃がんといいます。 以前、がんの死亡率ではトップ... [続きを読む]

受信: 2007年9月 6日 (木) 10時11分

« タモリ googleに潜入! | トップページ | ニセ医者? ニセニセ医者? »